方法論集積蔵
 
<< H17商法第2問 評価E | main | H17民法第2問 評価E >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2013.07.25 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
H17商法第1問 評価E
第1.決議1
1.取締役Aについて
 (1) この決議は、取締役の「報酬」を株主総会決議事項とした269条1項に反し、無効となる(252条)のではないか。
 (2)ア.まず、取締役の退職慰労金も、通常の職務執行の対価たる性質を有する。
  また、退職慰労金の支給を取締役会決議事項とすると、取締役が、将来自分が退職するときにより多くの退職慰労金をもらえるように相場を形成しておくため、退任取締役の退職慰労金を多くするというお手盛りの危険がある。
  よって、お手盛り防止という269条の趣旨に鑑み、退職慰労金も「報酬」にあたると解すべきである。
  イ.ただ、その金額などが株主総会で決定されると、プライバシーなどの点で退任取締役に酷である。また、その具体的な支給について、株主総会が専門的に判断する能力は乏しい。
  ウ.そこで、確立された支給基準に従ってなすことが示されているならば、お手盛りを防止できるから、269条1項に反しないと解すべきである。
  エ.本問では、甲社で確立されていると思われる退職慰労金支給規定に従ってなすことが示されている。
 (3) よって、269条1項に反せず、無効とならない。
2.監査役Bについて
 (1) この決議は、監査役の「報酬」を株主総会決議事項とした279条1項に反し、無効(252条)ではないか。
 (2)ア.まず、監査役の退職慰労金も、通常の職務執行の対価たる性質を有する。
  また、279条1項の趣旨は、取締役の職務執行を監査する必要的常置機関たる監査役の、取締役からの独立性を担保し、もって適正な監査を可能にしようとする点にある。
  とすると、退職慰労金も「報酬」にあたると解すべきである。
  イ.ただ、その金額など具体的支給を株主総会で決定する際の問題については、取締役の報酬と変わりない。
  ウ.そこで、やはり確立された支給基準に従ってなすことが示されているならば、279条1項に反しないと解すべきである。
  エ.本問ではやはり、甲社で確立されていると思われる退職慰労金支給規定に従ってなすことが示されている。
(3) よって、279条1項に反せず、有効である。
第2.決議2
1.取締役Cは乙社に対し、任期満了前に報酬を減額するこの決議は無効であるとして、従前の報酬の支給を請求できるか。
2.(1) 確かに、取締役と会社の関係は委任関係である(254条3項)以上、原則として無償であり(民法648条1項)、会社側は報酬を自由に減額できるとも思える。
   しかし、任期・報酬額も含めて取締役が選任された場合は、その任期・報酬額が取締役任用契約の一内容となると考える。
  とすると、会社側が恣意的にこれを減額することは許されないと考えるべきである。
  (2) ただ、取締役が、任期中の職務内容の変更可能性と、それに伴う報酬の減額可能性を認識し、その減額が職務内容に見合った相当なものであれば、報酬の減額も許されると考えてよい。
3.本問では、具体的事情は明らかではないが、少なくとも非常勤「取締役」も、他の取締役の監視義務(260条1項参照)や重い損害賠償責任(266条・266条ノ3)を負う以上、わずか月額7万円の報酬は、職務内容に見合った相当なものとはいえない。
4.よって、本問決議は許されず、無効であると考える。
したがって、前記請求ができる。
第3.決議3
1.これは、269条1項3号に反し、無効(252条)ではないか。
2.(1) まず、ストック・オプションとしての新株予約権は「金銭ニ非ザルモノ」にあたる。
  (2) また、通常の職務執行の対価としての性質を有するし、お手盛りの危険があると思われるから、「報酬」にあたると考えられる。
  (3) では、「具体的ナル内容」を定めたといえるか。
  確かに、ストック・オプションは、その性質上時宜に応じて機動的に与えることが望まれると思われ、取締役会の決議になじむとも考えられる。
  しかし、同規定があえて「具体的ナル」とした趣旨は、できる限り具体的に株主総会で決議することを求める点にある。
  そして、発行時期及び方法に何ら留保・指定・条件などを付していない本問では、「具体的ナル内容」を定めたとはいえないと考える。
3.よって、269条1項3号に反し、無効である。
 以上
【2005.07.20 Wednesday 21:42】 author : meanlife
| H17論文本試験 再現答案 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2013.07.25 Thursday 21:42】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://meanlife.jugem.jp/trackback/184
トラックバック