方法論集積蔵
 
<< 論文本試験 民訴の反省 | main | 論文本試験 商法の反省 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2013.07.25 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
論文本試験 刑法の反省
◎答案の分量
第1問 4ページいっぱい
第2問 2ページ半

◎現場での思考過程(時系列順。1.=第1問、2.=第2問。※=反省。)
○1.第一印象
未遂の教唆、事後強盗、承継的共同正犯と207条あたりか。伊藤塾直前答練で事後強盗書いたな。
○2.第一印象
話題の釜炊き最新判例の賄賂版?おい、2問合わせて6人かよ!単純計算で1人あたり20分?こりゃヤバイな…。
○2.答案構成
・ま、いつも通り行為を一つずつ抽出していこう。
・(賄賂約束含め)7つもある…これはトップスピードでいかにゃ。とにかく処理だ!
・構成要件にあてはめ。「供与」とか「交付」とか、いくつか問題あるが、後回し。
・賄賂約束関係は、どうせ収受関係に吸収されるだろうから、時間なければカットしよう。
・論じる順序は、乙→甲→丙?いや、乙→丙→甲の流れがいいだろう。
○1.答案構成
・まず乙。「住居」侵入を忘れずに。
で、構成要件を意識して行為を抽出。「強盗致死罪」と書くより、「事後強盗致死罪」と書いた方が分かりやすいかな?
235条→238条→240条の構成要件をきっちりつなげて処理しよう。
で、丙との承継的共同正犯・207条かな?(※カン違い)
・次に丙。やはり構成要件を意識して行為を抽出。
で、238条・65条1項・60条の処理。とにかくコンパクトに!伊藤塾直前答練の反省をしといてよかった。
あれ?むしろこっちで承継的共同正犯か?あぶね〜。すると、乙の方はいずれにせよ致死結果帰責〜っと。これなら乙は軽くすむな。
あれあれ?すると…もしかして…辰巳の直前答練ズバ的か!?うわー、勉強会の題材にしてくれた○さん、ありがとー!(※飛びついてしまった。)
んーでも、事後強盗の身分犯説とりつつ承継的共同正犯論じるのは、整合性を説明するのが難しいんだったよな…逃げるか?
逃げるとしたら、事後強盗を結合犯説にするか、どうせ承継的共同正犯も207条も否定するから無視するかだが…。
いいこと思いついた!承継的共同正犯の問題と明言すると結合犯説っぽくなるから、「60条の要件にあたるか」って感じでボカせばいいっしょ。(※逃げた方がよかったかも。)
207条は時間なかったらカットしよう。
・あと甲。まず「住居」侵入教唆。
過去問頻出の、教唆故意パターンだな。因果関係は論じる余裕ないだろう。
で、未遂の教唆と抽象的事実の錯誤と。
(ここまでで48分)
○1.答案書き
・乙:あっ、「住居」侵入じゃなくて「建造物」侵入だ!あぶねー。
丙との事後強盗罪の共同正犯は、「後述のように」でよかろう。
よし、けっこうきれいにまとまった。
・丙:事後強盗はコンパクトに。承継的共同正犯の問題提起は慎重に…論証も一応しっかりめに書いとくか。メインぽいし、直前に書いたH11-1で薄くしすぎて失敗したし。(※悪い発想。違う問題での経験を、安易に類推してはダメ!)
あてはめはメンドいから薄くていいや。
・甲:「建造物」侵入だったよな。あとは典型論証をコンパクトに。
うーん、未遂の教唆の処理って、これでいいのか?未遂の故意って、因果関係の錯誤のところで批判されてなかったっけ?まあ時間ないからいいや。(※未遂の教唆を否定するのがベターだった。書く分量も減るし。)
あっ、観念競か!牽連犯にするところだった。
(ここまでで1時間35分。)
○2.答案書き
・うわっ、時間ねー!飛ばすぞ!!
・とにかく構成要件にあてはめろ!問題点には軽く触れるか、無視してお茶を濁せ!賄賂約束関係は当然カットだ!
・あっ、賄賂の対向犯関係がゴチャゴチャになってるのかー!なるほど〜、さすが本試験。シンプルに処理しよう。
甲と乙が対向犯と考えていることを分かりやすく表現しよう。たぶんここがメインだし。(※相対評価を意識せず、見誤ったと思う。)
・あっ、恐喝には不法原因給付の論点もある…のか?ちょっと典型例とは違うかも。横領ほど争いないし、無視だ!
・甲の罪数。詐欺と恐喝、どっちに勝たせる?詐欺の完成手段として恐喝か?でも、恐喝の方が悪そうだから、こっちに吸収でいいか。どうせ加点事由だし。(※これヤバいかも。去年も後に成立した犯罪に吸収させたので、G原因の可能性あり。詐欺と脅迫の併合罪がベストだったか?)
これと贈賄は…「間接正犯的形態」と書いた以上、1個の行為とは見づらいかな。併合罪なら特に説明いらんし、こっちにしとこう。
(タイムアップ)

◎その他の反省・懸念材料
○1.
・乙への死亡結果帰責のところで、「死亡させた」との文言を出さなかった。
・「事後強盗罪は〜窃盗犯人にしか犯せない」と書いておきながら、「非身分者でも法益を侵害しうる」「事後強盗罪の共同正犯〜は成立する」と書いたことで、整合性に難ありと見られないか。どっかの答案にあったと思うんだけどな…。
・丙が、乙の先行行為の「結果を認識している」と書いたが、少し疑問。
○2.
・過去問頻出の不法原因給付落とし。
【2005.07.27 Wednesday 12:34】 author : meanlife
| H17論文本試験 反省 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2013.07.25 Thursday 12:34】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://meanlife.jugem.jp/trackback/193
トラックバック