方法論集積蔵
 
<< 口述過去問1周目終了 | main | 「ドラゴン桜」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2013.07.25 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
自己評価
伊藤塾「再現と分析」に行ってきた。
解答例や再現答案をいくつか載せた、結構ちゃんとした冊子がもらえた。
講義内容も、再現会に参加した受験生の動向について触れていて、相対評価の意識という点でとても参考になった。
2ちゃんでも情報が一部流れているが、それ以外のデータもあったし。

で、無料で受けられる解説講義(セミナー、伊藤塾。LECは今年有料なんだよね…。)も終わったし、2ちゃんでの議論もほぼ出尽くした感がある。
そこで、現時点での自己評価というものをやってみようかと思ったんだけど、
憲法:G以上。∵G原因候補が、第1問・第2問ともにある。
民法:F以上。∵去年(F)よりは相対的にもよさげ。
商法:F以上。∵第1問決議1で、相対的にG回避できてるだろう。
刑法:G以上。∵G原因候補が、第1問・第2問ともにある。
民訴:F以上。∵第1問で、相対的にG回避できてるだろう。
刑訴:G以上。∵G原因候補が、第1問・第2問ともにある。

という始末。ほとんど意味がない。笑
結局、相対評価次第だし、何がG原因になるかも分からない。採点者との相性で左右されることさえありうる。
今年の、相対評価の観点から最低ライン上に点数を積み上げる、というコンセプトからは、ここまでしか確定できない。
そのおかげか、考えても無駄、と開き直ってる自分がいて、精神的には非常に楽だったりする。

ただ、一つ反省しておきたいのは、刑訴だな。
今年、Gの可能性が最も高い科目だと思う。
そうなってしまったのは、今思えば、「これで2日間の苦行が終わる!」という感覚のせいではないか。
このために、リスクとリターンの考量や相対評価の意識が、少しいい加減になっていたと思う。早く終わってほしい一心で。
こればっかりは、シミュレーションの中では分析できなかったので、ここに記しておきたい。

ちなみに、相対評価など意に介さず、唯我独尊で合格をほとんど確信していた去年は、
憲法:自己評価A→評価A
民法:自己評価F→評価F
商法:自己評価B→評価D
刑法:自己評価A→評価G
民訴:自己評価G〜A→評価G
刑訴:自己評価C→評価G
というものだった。
これ以来、自己評価というものを基本的に信じてなかったんだけど…憲民はドンピシャだったのか。ちょっと意外。
【2005.08.05 Friday 11:15】 author : meanlife
| H17論文本試験 反省 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2013.07.25 Thursday 11:15】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://meanlife.jugem.jp/trackback/201
トラックバック