方法論集積蔵
 
<< 口述民法回想 | main | 口述の怖さ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2013.07.25 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
口述民訴回想
・ノリノリで民訴に移行。すんごくやさしげな先生だ。結局、圧迫面接皆無だったな、と思った。
・7割くらい、先生にしゃべってもらった。これは勝ちでしょう。高得点は無理だろうけど、60点は取れてるはず。
・特に確認の利益をあまり分かってなかったので、ごまかして先生にしゃべってもらった。
・246条で趣旨からの論証ができて、主観的にはよかった。
・最後、度忘れして判例と反対の立場で答えたら、それもあり的な感じで流されて終わり。

善意解釈してもらいっぱなし。やはり午前1番クジのおかげだろう。
これで、他の人が鬼のようにできてたらヤバいだろうけど…。
【2005.10.26 Wednesday 17:54】 author : meanlife
| H17口述本試験関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2013.07.25 Thursday 17:54】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://meanlife.jugem.jp/trackback/237
トラックバック