方法論集積蔵
 
<< 論文答案の分量〜うさぎとかめ | main | 「潰す」とは?〜実践編 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2013.07.25 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
民法テキスト完成!

少し前にしていたんだけど、その〆切地獄(今回は“生き”地獄くらいで済んだ)でしわ寄せを食っていた他の仕事を平常運転に戻すのが今日までかかったので、遅ればせながらご報告。

中身をちょっとだけ紹介させてもらうと…

○『4A論文解法パターンテキスト(民法)』
(本文198ページ、全39問)
・民法における4Aの具体化
・導入:1問
・法的構成明示型:10問
・物権的請求型:10問
・債権的請求型:14問
・総合問題:4問
※論文解法パターン講義が16回なので、1回当たり2問強の計算。憲法で欲張りすぎた反省を踏まえて、少ない問題数で全パターンを網羅できるよう、問題を選び直したりして時間かかった〜。民法は、思考訓練が特に重要なので、じっくりやりたい。
ただ、さすがに時間が余ると思うので、そしたらレジュメで問題を補充する予定。
※過去問の問題文以外の答案例・解答過程等の内容は、全て一貫して私自身が作っています。これは当然のことであるべきなんだけど、司法試験業界では、むしろそうでないことが多いので、念のため。そんなんだから、受験生(過去の私も含め)は、答案の“型”が分からず苦労するんだよ!

○『4A知識集中完成条解テキスト(民法)』
(本文288ページ)
※民法の全1044条もそのまま(+借地借家法等の隣接法も付随的に)載せたのに、このページ数!もちろん分冊ではなく1冊だけ!!本当はこれだけで論文・短答式対策を兼ねられるのだー!!!
※レイアウトを整えてくれたTAC社員の人、超仕事速いんだけど、それでも地獄を見せてしまったようで…その方がいなければ、本テキスト(憲法も)は日の目を見ていません!感謝!!

民法の論文解法パターン講義は、4/22(月)18:30〜21:30に渋谷校で開講します!
無料で体験受講できるので、ぜひ遊びに来てください!!

【2013.04.13 Saturday 23:32】 author : meanlife
| - | comments(4) | - |
スポンサーサイト
【2013.07.25 Thursday 23:32】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
リクエスト通り民法のテキスト分量も載せて頂きありがとうございました。

民法で300ページ以内というのは驚きです!

受験界で講師ご自身で「全て」答案を作成されているのは少数派かと思います。

僕が論文講義で希望するのは、講師が授業内でその問題を解く過程を僕達受験生に見せることであり、その過程を見せるが故に必然的に答案はその講師が作成するものが望ましい。
しかし、そういった講義は皆無でした。

これからもよろしくお願いします!
| けん | 2013/04/14 9:05 AM |
今日、製本していただいたテキストを手に取って、達成感をひしひしと感じました。
正直、私が初学者なら、288ページでも圧倒されそうですが、この3倍以上の類書(レイアウト等で分量をごまかしてますが)と比べてほしいです。

私はむしろ、自分で書いた答案じゃないと解説したくないと思ってしまうくらいなので、他人の書いた答案でよく満足できるなあ…と。あ、再現答案は分析対象なので別物ですが。

そういえば私も、大学受験予備校で、“問題を解く過程を受験生に見せる”先生の講義が大好きでした。少なくとも当時は、大学受験業界ですらそのような講義は貴重だったので、司法試験業界では推して知るべし…
でも、けんさんのような方が潜在的な需要を顕在化させてくれたおかげで、「司法試験対策ってこんなもんだ」という固定観念を打ち破るきっかけは作れました!勝負はこれからです!!
| meanlife | 2013/04/18 10:58 PM |
はじめまして。
ひょんなことから、先生のブログに辿り着き、講座のコンセプトに大変共感を覚えました。善は急げという事で、今度の体験講義に参加させて頂きたいと思います。

そこで、一つ質問ですが、当日は、先生御作成の論文解法テキスト以外に、知識集約テキストも見させて頂くことは出来ますでしょうか。
| あるぱか | 2013/04/19 10:07 PM |
あるぱかさん、ようこそ!

4A知識集中完成条解テキスト(こうして書くと長い名前ですね…私は『条解』と呼んでます)も、初回講義に必要な範囲でプリントアウトして冊子化したものを体験受講の方全員に進呈していますし、テキスト全体をご覧になりたければ、休み時間や講義後に私のところまで来ていただければ、いくらでもお見せしますよ~。

4A解法パターン講義では、2つのテキストを両方使います。もちろん、メインは4A論文解法パターンテキストですが、その問題を解きながら、六法代わりに『条解』も参照するという感じです。

4/22(月)、楽しみにしています!
| meanlife | 2013/04/19 11:01 PM |
コメントする