方法論集積蔵
 
<< Inputが先か、Outputが先か〜一般論と具体論 | main | 眠れない方に… >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2013.07.25 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
刑法テキスト完成!

いいのできたよ〜!

○『4A論文解法パターンテキスト(刑法)』
(本文170ページ、全30問)
・刑法における4Aの具体化
 =単独犯パターン、複数犯パターン(原則・例外)
  →刑法総論・各論・融合問題いずれも区別なし!
・導入:1問
・単独犯パターン:11問
・複数犯パターン:15問
・交錯パターン:3問
※憲民に引き続き、過去問の問題文以外の答案例・解答過程等の内容は、全て一貫して私自身が作っています。誰よりも事案を分析し、誰よりも問題文の事情を使いまくった答案だと自負しています(憲民もそうです)。“完全解”=問題文の全事情を使った答案と定義しているからです。
※刑法では、出題可能性ある全パターンを網羅するという観点からは、優れた旧司過去問が多かったので、10問も採用しました。
※予備試験の過去問は、平成23年度は載せましたが、平成24年度は、迷いに迷った末、載せませんでした。出題可能性ある全パターンを網羅するという観点からは他の問題の方が優れており、またテキスト掲載問題が解ければ自力で解けるようになっているはずだからです。

○『4A知識集中完成条解テキスト(刑法)』
(本文118ページ)
※このページ数でおさまるとは…自分でもちょっと驚きました。刑法総則(1〜72条)で34ページ、刑法各則(73〜264条)で84ページです。
※刑法総論・各論の融合問題(今はほとんどがこれですよね)対策のための、従来のテキスト・基本書等(たいてい刑法総論・各論で分冊になっていて、相互にリンクしていませんよね)にはない工夫をしてあります。

刑法の論文解法パターン講義は、7/25(木)18:30〜21:30に渋谷校で開講します!
無料で体験受講できるので、ぜひ遊びに来てください!!

【2013.07.12 Friday 11:47】 author : meanlife
| - | comments(3) | - |
スポンサーサイト
【2013.07.25 Thursday 11:47】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
先生の講義(論文解法パターン&知識集中完成)を受講させていただいている者です。
進行が遅れ遅れになっており、現在まだ憲法を受講しているのですが、憲法の条解テキストについて質問がございます。

条解テキスト第9条第2項記載の政府見解が基本書及び上記URLのものと異なっておるように思うのですが、どのように整理すべきでしょうか?

ご多忙中誠に恐縮ですが、ご教授いただけますと幸甚です。
論文解法パターン講義には大変感動しております。今後も引き続きよろしくお願い致します。
| take | 2013/07/17 11:04 AM |
takeさん

混乱させてしまい、また調べる時間を使わせてしまい、大変申し訳ありませんでした。

現在の政府見解としては、そのURLの資料が正しいです。
条解p8の「前項の目的を達するため」については、そのURLの資料にある芦田修正を、「戦力」については、吉田内閣当時の政府見解を載せてしまいました…9条を最も限定的に解する見解です。
追って、訂正を出す予定ですが、取り急ぎ、(新)司法試験平成19年度公法系第13問アを解いて、政府見解の使い方をマスターしてください。

言い訳ですが、納期に追われて、あやふやな記憶で書いてしまったのが原因です…今後は、ちゃんと資料を確認して書きます。
これで、私には本当に記憶力がない、ということが伝われば、怪我の功名になるかなあ…。
| meanlife | 2013/07/17 2:58 PM |
先生、ご回答有難うございます。
お蔭様で大変すっきりしました。
先生の講義は、これまでの私のインプット偏重の勉強スタイルを根本から転換させてくださいました。論文が書けるかもと思えるようになっています。
社会人ですので時間があまりないのですが、今後も先生の講義に遅れ遅れでもついていきます。よろしくお願い致します。
| take | 2013/07/17 7:09 PM |
コメントする